ギャンブルは歴史上、芸術家のインスピレーションの源となってきました。そのため、本稿では興奮度が高く楽しいギャンブルという趣味をテーマにした有名な芸術作品を一部ご紹介します。このテーマについて少しでも知っておくことは、芸術がお好きな方にもギャンブルに興味のある方にもためになることでしょう。以下の要約を読んで、ぜひ新しい知識を習得してください。

『ポーカーをする犬』カシアス・マーセラス・クーリッジ作

 

決してハイアートとは言えませんが、ポーカーが描かれた絵画では最も有名なもので、シリーズになっています。ポーカーをプレイしている犬が描かれた、19世紀の作品です。シリーズ全体18枚の絵画のすべてにトランプをプレイする犬が描かれています。多くの批評家や美術愛好家には、趣に欠けるゴテゴテ飾り立てた低俗なものだと評されている一方で、この絵画シリーズには大きな金銭的価値がつけられています。中にはニューヨークのオークションで2015年に65万ドル以上で落札された作品もあります。クーリッジは、さまざまな人間の活動や人間のようなポーズをとる犬を描くことで有名でした。

『カードシャープ』カラヴァッジオ作

ハイアートを語るなら、カラヴァッジオとその代表作『カードシャープ』は欠かせません。16世紀に描かれたこの作品は、トランプに興じる2人の少年(上流階級の少年と下流階級の少年)が、後ろ手に秘密のカードを持っている様子を描いています。当時のイタリアのギャンブル事情がよくわかる名作で、ゲームの緊張感や熱気が伝わってきます。

この絵はカラヴァッジョに名声をもたらし、彼にとって初となる真の傑作と言われています。年を経るごとに所有者が変わり、19世紀には行方不明になっていましたが、1987年にヨーロッパの個人コレクションから発見されました。現在、原画はテキサス州フォートワースのキンベル美術館に展示されています。

『モンテカルロのルーレットテーブル』エドヴァルド・ムンク作

『モンテカルロのルーレットテーブル』は、ギャンブルを描いた作品の中で、2番目に評価の高い作品でしょう。この作品は、エドヴァルド・ムンクがモンテカルロのカジノを頻繁に訪れた際にインスピレーションを受けて制作されました。ムンクは、モンテカルロのカジノを頻繁に訪れ、ルーレットを回したり、客を観察したりした記憶をもとにこの作品を描きました。ムンクはこの作品で、さまざまな画法や色を試し、画家としての技量を高めていきました。

『カード遊びをする人々』ポール・セザンヌ作

『カード遊びをする人々』は、ポール・セザンヌによる後期印象派の代表作です。この作品はセザンヌの代表作であると同時に、芸術においてギャンブルが表現された代表的な作品の一つでもあります。

この作品では、パブでのさまざまな活動が描かれていますが、白熱したカードゲームがその一つになっていて、『カード遊びをする人々』が単一の作品ではなく、テーマが似ていながらも、その性質や魅力がそれぞれ異なる独特な絵画の集合体である点が新鮮です。

『スロットマシンクイーン』シェリー・ウィルカーソン作

シェリー・ウィルカーソンの作品の中では、あまり有名ではないかもしれませんが、『スロットマシン・クイーン』は、すべてのギャンブラーにとって非常に興味深い作品です。『ポーカーをする犬』と同じ部類に入り、ハイアートとはみなされません。年配の女性がスロットをプレイし、陶酔と歓喜に包まれている様子が描かれています。